いろいろあった3日間、そして新春福袋のお知らせ♪

今回のビーズアートショーは、なんだか予期せぬトラブルにみまわれた催事でした。

3日間のうち、初日と3日目に、私が使う線の電車が止まりました。時間までに会場にたどり着かなかったのは、私だけではなかったと思いますが、それがたった3日のうちに2度起こる、というのが、さすがに「12月だな・・・。」と思わずにはいられませんでした。

それでもお運び下さった皆さまには、本当に感謝しています。

 

このために作り込んでいた新しい参考作品や限定品について、皆さまのご反応を頂けたことにも、とっても感謝しています。それらをヒントに、もっとおもしろいビーズ・作品・ブース作りに励みます。

次に大桟橋ホールへ登場するのは、来年2月の素材博覧会です。ここへはシャルロットビーズ、たくさん持っていきますよ〜!!

 

そして毎年恒例の「ボヘミアの宝箱」オリジナル福袋、ただ今準備たけなわでございます。年内の先行予約開始は、来週(12/17・月)からになりますので、お楽しみに!

0

    素材博@神戸 2日目 

    2日目は、初日とはまた違うビーズに脚光が集まりました。

     

    私たちも驚くほど皆さまの目を引いたのは、ハンドメイドビーズのロココとピラー。あっという間に、今日1日で売り切れてしまった色もあります。

     

    そしてたくさんの方に、極小シードビーズと極小シャルロットの輝き・美しさ・繊細さ・軽やかさを、ご自身の目と手で、実感して頂けました。「今までネットで見てただけやったけど、ようやく本物が見れたわー♡。」とお買い物頂けたことが、何よりの喜びでした。

     

    今日もお客様の相談にのりながら、「世界で1つだけのオリジナルアクセサリー」をたくさん一緒にデザインしました。

    「こんな珍しいビーズばっかり、一同に会して見られて幸せやわ〜!」

    「チェコビーズって、こんなにたくさん種類あったん!?知らんかったわー!!」

    「また来年も来てね〜。楽しみにしてるわぁ。」

     

    神戸にやって来る前はさまざまな準備で大変でしたが、こうしたお声を聞くと、苦労が全部吹っ飛んでしまいます。

    本当に来年もまた、来たいなぁ・・・。

     

    では、また明日!

    0

      若い芽を摘む(2)

      その翌日にあたる日も、私は会社でめちゃくちゃ忙しくて、てんてこ舞いでしたが、ふと思い出しては数秒だけ「どうなったかな・・・?顧問の先生との話。」と思っていました。

      帰宅すると、これまたちょっと複雑な顔をした息子が。

       

      「今日ね、ちゃんと相談に行ったよ。でね、僕が何か言う前に、顧問の先生に開口一番言われたのは、

      『どうせ、お菓子目的でしょ』

      という言葉だった。僕、心の中でブチ切れたよ。でもちゃんと僕の気持ちを話した。

      そしたら先生には通じたと思うんだけど、それでも『君だけの兼部を認めると不公平になるから』って言われた。

      それから僕が好きだと言った『先輩や部の雰囲気』も、顧問の先生は気に入らないんだって。『こないだの仮入部の日は、たまたま私がいなかったと思って、2・3年生もキャッキャッはしゃいだらしいけど、普段はあんなんじゃないから』だって。」

       

      「茶道部に来る男の子なんて、所詮和菓子目当て」と決めつけるのは、この先生の勝手ですが、生徒の話を聞く前に、まずそれ口に出して言うか!?と、驚きました。そして息子の話を最後まで聞いて、ドン引きです。

      こんな先生が顧問やってる部には、入らなくていいです。学校に教えにいらっしゃる表千家の師範は、(せっかく男子が来てくれて喜んでいたのですから)さぞや残念がられるのでは・・・?とも思いますが、顧問の先生が「部員を減らしたい」、「男子は所詮菓子狙い」と決めつけているなら、仕方ありませんわな。

       

      茶道なるものに純粋に興味を抱き、学びたい・そこから日本の精神性にふれたい、と願う10代の子の気持ちを、かくも簡単にへし折る大人。

      子供がまっすぐ育たないことを、家庭のせいだけにはしてほしくないな、と思いました。

       

      そんなすてきな先生のせいで、息子の兼部の夢は断たれたわけですが、「若い芽を摘む」とはこういうことを言うのかな・・・?と、しみじみ思った日でもありました。

      0

        若い芽を摘む(1)

        お休み中なので、家族ネタをもう1つ。

         

        4月から中学生になった息子は、6年生の頃からこんなことを言っていました。

        「俺、中学に入ったら茶道部に入りたい!

        スポーツも何かやりたいから、運動部にも1つ入って、兼部するよ。」

         

        さ、さどう!!??

        茶道って、あの正座して、お茶立てるやつ?なぜまたそれ!?

        どこからそんな興味を・・・・??

         

        あまりのことに、私も主人も「鳩が豆鉄砲を喰らったように」とは、このことを言うんじゃね?ってほど驚きました。

        でもその時点では、まだどこの中学に行くかわからなかったし、行くことになる中学に茶道部なるものがあるかどうかもわからないわけで、「まぁ、その時になったら考えましょ。」くらいにしか思っていませんでした。

         

        さて、4月になり、通うことになった中学の部活動を調べてみると、茶道部があるではありませんか!

        さっそく仮入部での体験を楽しみにする息子。

        運動の方は、(陸上部ではなく)「長距離部」という謎の名前の(でも要するに、淡々と長距離の練習だけをするという)部に決まり、そこは「兼部可」ということだったので、あとは活動日の重ならない茶道部の様子をチェックするだけになりました。

         

        「ね、ねぇ、茶道部、多分女子ばっかりだよ?たくさんの女の子に囲まれて大丈夫?

        集中できる?もし厳しい先輩がいたら、どうする?」ー思いつくままに、色々言ってしまう私。(主人も、内心ドキドキしていたらしい。)

        ところが仮入部を終えて、息子はこんな風に言って帰ってきました。

        「お母さん、茶道部すごく楽しかった!!

        教えてに来る先生は、表千家の師範で、やさしいおじいちゃんだった。僕の他にもう一人入部希望の男子がいて、とても喜んでくれた。先輩たちもやさしくてフレンドリーで、僕、あの楽しい雰囲気ならやっていけそう!本入部するよ!!」

        と。

        親の心配なぞどこへやら、こうして息子の2つの部をかけもちする中学生活が始まったのでした。

         

        ・・・と思いきや、本入部の用紙を提出した数日後、仕事から帰宅すると、落ち込んだ顔をする息子が。

        「今日になって突然言われたんだけど、兼部ダメだって。今年は茶道部への入部希望者が多すぎて、茶室に入りきらないから兼部する子はやめてくれって。この件で相談したい人は、顧問の先生のところへ行ってって。

        茶室に入りきらないってなんだよ!みんなやりたいんだから、順番で待ってやればいいじゃないか。なんでそんな理由で兼部する子をみんな切るんだよ。」

         

        「うーん、なんちゅう説明やろう。兼部がダメなら最初っから言ってあげればいいのに。普通、部員が多いって、その部が盛り上がってるってことで歓迎しない?あとから取ってつけたような理由で、本入部届け出したあとに諦めさせるってなに?」

        と、私も思いましたもので、

        ここは諦めるにしても、もう少し筋の通った過程がないと、6年生の頃から望んでいた息子は納得できないだろうな、と考えました。

         

        その晩、真剣に相談にのりました。まず、なんで茶道部に興味を持ったの?と聞くと、

        「僕は、よく『落ち着きがない』って叱られる。精神統一するってどういうことなのかな?っていうのを、茶道を通して体感してみたいと思った。

        あと僕はハーフだから、日本文化のことをちゃんとわかっていたい。ポルトガルのおじいちゃんやおばあちゃん、お父さんの親戚の人に、日本のこと聞かれたら、いろいろちゃんと答えたい、説明したいんだ。正直、今朝学校で担任の先生に突然、兼部する子は諦めてって連絡聞かされても、納得いかないし、諦めきれない。どうしてもやりたい。なんなら最後には長距離部やめて、茶道一本にしようかとすら思ってる。」

        「よし、じゃあさ、顧問の先生にそれ、そのまま伝えにいこう。その気持ちを話しても認められなかったら、残念だけど、『この中学の茶道部とは、ご縁がなかった』と思いな。その気持ちが続けば、きっといつか別のところで、茶道を学ぶチャンスに出逢えるよ。」

        と、翌日学校へ送りだしました。

         

        つづく

        0

          お店にて

          宝箱の実店舗である「ガレリエ・クラール」にいて、感じること。

           

          駅から少し離れたこの店へ、わざわざ入って下さるということは、それだけで何か「ご縁」がありますね。狙ってでも偶然であっても、この空間へ足を踏み入れて下さったことに、まず感謝の念が湧きます。

          先日、「浅草橋にはビーズのお店がたくさんあると聞いて、初めてこの辺にやって来ました。」というお客様にお目にかかりました。初めてこの街に来て、この店まで足が延びたなんて、そりゃスゴいっ!と驚くと同時に喜びが・・。

           

          そして遠方からおいで下さる皆さま。

          クラールには大げさではなく、本当に全国各地から、ここのビーズを見るためにいろいろな方がいらっしゃいます。そしてひとしきりお話をしたあと、「私の住んでる町にも、こんなお店があればいいんだけど。」とおっしゃいます。

          実はそのお声、名古屋を中心とする中部日本の方からが一番多かったりします。

           

          でも主人であり、「ELIŠKA(エリシュカ)」デザイナーのペドロが内装工事のすべてを手掛ける「ガレリエ・クラール」の2号店、場所がどこであっても、なかなか簡単には開けそうにありません。

          そこで今、中部地方で当店と提携をして下さるところを探しています。なんとか名古屋の皆さまに、まるでクラールにいるように買い物をして頂けないかと画策中です。実現しましたら、すぐにここで発表致します。

           

          最後に、この店の品揃えに舌を巻いて下さる方々。これは一般の方も、業界の方も、皆同じです。

          「ここまでチェコビーズだけを掘り下げた店って、見たことない・・・。」−初めて来店された方は、一様に驚かれ、しばし呆然となさいます。チェコビーズのテーマパークだとおっしゃる方もいらっしゃいますし、このワンダーランドに一度足を踏みこむと、脳がカツーン!と刺激を受け、軽い電流をくらったような気持ちになるとおっしゃる方もいらっしゃいます。

          はい、そんな風に言って頂けるお店作りを目指しています。

           

          1人でも多くの方と、チェコビーズについてお話できることを、今日も楽しみにしながらお店にいる店長ビビアナです。

          もしお店で私を見かけなかったら、どうぞお尋ね下さい。出張や外出をしていなければ、すぐに登場します。

          では、残る連休も楽しく、有意義におすごしください。

           

          ---------------------------------------------------------------------

          2018年5月1日更新

          <<427(金)〜5/6(日)まで送料無料キャンペーン!>>

          期間中、お荷物が1キロ以下で、時間指定・代引きのご指定がない場合、ネコポスでの発送を致します。配達にかかる日数は宅配便と同じですが、荷物はポストへ投函されます。 ご注文は24時間受けつけていますが、配送はいつも通り、土日祝がお休みとなり、通常営業日にご注文を頂いた順に発送させて頂きます。

          ★この夏に楽しんで頂きたいミックスビーズのトロピカルブルーが入りました!!形も色も、見ているだけで陽気な気持ちになるようなコンビネーション。まずは1パック、試してみませんか?

          ★巷ではなかなか手に入らない丸中サイズのシードビーズに、おもしろいミックスカラーが入りました!すべてにシルバーインラインとマット加工のしてある色のミックスで、販売量の50グラムを通したところは「ガレリエ・クラール」インスタグラムブログからご覧頂けます。

          ボヘミアンワイヤーレースの教室募集が始まりました!初めて習う方は勿論、キットを買って途中で止まっている方も、講習料のみでご参加頂けます。

          0

            | 1/36PAGES | >>



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR

            recommend