ビーズニュース | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

「アーモンド」のデビューによせて 〜その開発秘話〜(メルマガvol. 70)

★☆【ボヘミアの宝箱】より耳よりなお知らせ☆★    2019/10/29

 

私がこの仕事についた26年前、チェコ大使館商務部から独立したばかりの

事務所では、その時点で既に何十年も経っていただろう多くの商材を受け

継ぎました。

当然ビーズが貼ってある台紙がボロボロになっていたり、ビーズがもげそう

になっている多くのサンプル帳を見ましたが、貼ってあるガラスビーズは

腐りませんから、修復しながら大切に使い続けました。

 

中にはチェコとスロバキアが分離する以前の、国営会社だった頃のものも

あり、そうしたカードを見ながら、私は「このカードも、私の前に一体

何人のチェコの前任者が手に取って眺めたのだろう?」とよく思いを馳せた

ものです。

時代は移ろい、国営会社は民営化され、東京に置かれた日本市場を統括する

事務所(私はそこのマネージャーをしていました)も閉鎖され、今は自身で

興した南蛮貿易で、そのすべてを継承しているわけですが、チェコのビーズ

工場が作ったサンプルカード、1枚も欠けることなく保管しています。

 

2年前、その中の1枚のカードにあるビーズに目が留まりました。それを

眺めていた時には、特に新しいビーズを創ろうとしていたわけではありま

せんでしたが、夫であり、宝箱デザインチーム・リーダーのペドロと話す

うちに、この形に光をあて、全く新しいビーズとして現代に蘇らせよう!

ということになりました。

恐らくこのビーズが最初に作られた頃は、まだこの世界にアクリルやコッ

トンパール、レジンなどの新素材がなかった頃。ビーズと言えば、天然石

でなければガラス製でした。その時代に作られる色は、ガラスそのもので

出す(赤・青・緑などの)原色が多く、加工技術もさほどありませんでした。

 

「これ、形がアーモンドみたいで、レトロな表情がすごくいい。これを、

今の時代に求められる色で作ったら、全く別の魅力を持って蘇らない?」

ーそこから色の開発が始まりました。

古い形を、これまでになかった色で作ったら、どんなおもしろいことに

なるだろう・・!?最終的に7色に絞り込むまで、悩みましたが、最も

楽しい時間でもありました。

よし、色が決まったから、いざ製造だ!!工場へ注文する段になって、驚く

知らせが。なんとこの形、あまりにも古すぎて、既に安定した品質で製造

できる鋳型が、工場になくなっていました。

 

「どうする?もう諦めるよね?」ー長年私達のオリジナルビーズ開発に協力

してくれている工場の担当者が、そう尋ねてきました。だけれど、既にその

形が新しい色で、頭の中に存在してしまっていた夫と私。諦めることは

できませんでした。遂に、鋳型を新しく作り、製造してもらうことを決意。

 

そうして漸く製造に入ったわけですが、今度は私達のイメージした色を具現

化する段階で、工場の技術者に苦労させてしまいました。思った通りのニュ

アンスが出ない、仕上がりの表情だけを優先させると今度はガラス生地が

狙った形にうまく凝固しない、など幾多の困難と作り直しを重ねることに。

ですが、チェコのガラス職人の腕を信じていた私達。ただ徒労はさせまいと、

作り直しにかかる費用も負担しました。

そして半年以上かけて、遂に納得いく全7色が完成!

 

完成後、チェコの工場の人に言われました。「今、決していいとは言えない

この経済状況の中、1つのビーズの開発に、これだけの時間・コスト・情熱

をかけて作るところは、あんた達以外にはいないよ!」と。

頭の中で描いてしまったビーズをどうしても見たい!−そんなところから

始まって、レトロなアーモンド型を現代の色で復刻させたわけですが、

確かに技術の再現性が難しくなり、原材料が限られ、こちらのイメージ通り

に仕上げる職人が減ってきている中で、大きなリスクを背負いながら作って

しまった私達は、自分で言うのもなんですが、ある意味「勇者」なのかも

しれません。

 

でもだからこそ、できあがったビーズは我が子のように大切に思います。

情熱と愛情を込めて、チェコの職人と共に復刻させたビーズ「アーモンド」。

この日本市場できちんと育て、皆さまに長く愛されるビーズとして根づかせ

たいと願っています。

12/9ミリと17/11ミリの2サイズで、7色展開。

「ボヘミアの宝箱」では、本日より発売です。トップページからも、

こちらからもご覧頂けます。

両サイズとも、4個売り、2個売りのほかに大袋もご用意しています。

お気に召して頂けたなら、お得な大袋で是非どうぞご利用下さい。

 

本日は「アーモンド」の開発秘話のみで、メルマガとしてお届けします。

新商品の情報として、読みものとして楽しんで頂けたら嬉しいです。

 

最近こちらのブログでは、おもしろい話を連載にしてお届けしています。

お時間が許すなら、是非↓から遡って、ご興味のある話題を読んでみて

下さいね。

それではまた!

 

ボヘミアの宝箱/店長ビビアナ

0

    フェリシモ・SeeMONO(シーモノ)で始まった「チェコビーズの会」


    連日うれしいお知らせができて、幸せ感いっぱいの「ボヘミアの宝箱」&

    店長ビビアナでございます。

     

    皆さまもよくご存知のフェリシモの中に「SeeMONO(シーモノ)」っていう

    シリーズがあるのをご存知ですか?

    日常生活の中に取り入れられる、さまざまな美しいもの、楽しいものを

    コレクションできる、とってもおもしろいカタログです。

     

    その最新版の中で、

    「いろいろな形や色に魅了される チェコから届いた

    ガラスビーズコレクションの会」

    っていうのが始まりました。

     

    これはお恥ずかしながら、私(店長ビビアナ)が案内役をつとめています。

    毎月コレクションと一緒に商品カードが届きますが、

    その回で届くビーズについて、何かしらのエピソードや解説をしていて、

    連載のように楽しんで読んで頂けるようになっています。

     

    これ、本当におもしろい品揃えになっていて、これまで日本に未入荷

    だったものや、ビーズに詳しい人でも「こんなの見たことないわ!」と

    いうものが入っていたり、「よく知ってるけど、こんな色があったなんて」

    というものもあります。

    なので、コレクターの方には「集めて並べて眺めて、楽しいコレクション」

    だと思います。

     

     

    ハンドメイド大好きな方には、勿論どんどん使って頂いて♥。

    ガラス以外の異素材と組み合わせても馴染みがよかったり、

    作品の中でガラスという素材のきれいさが浮かび上がったりと、

    実際何かをハンドメイドする時の使いやすさも意識して

    ビーズを選んでありますから、「使える〜!!」というのも、

    実感して頂けると思います。

     

    小さなパーツの奏でる、きれいで奥深い世界を、

    毎月少しずつ楽しんで頂けたら・・・。

    きっと、受け取るのが楽しみになります。

     

    ----------------------------------------------------------------------

    2019年8月24日更新

    ヴィンテージのシャルロット純金コーティング、発売開始。在庫がある限りの提供になります。

    ベルフラワーUFOに新色が入りました。思わず「かわいい!」と唸ってしまうキュートさです!

    ★ヤフーショッピングの「ボヘミアの宝箱」、おかげさまで好調です!オススメはグランドオープン前の今しか買えない「プレオープン限定商品」と、こちらの宝箱では未発売のFPラウンド。是非一度覗いてみてください。

    フェリシモ「SeeMONO(シーモノ)」で、店長ビビアナが案内役をつとめる「チェコビーズコレクションの会」が始まりました!詳しくはこちらどうぞ!

     

    <<実店舗「ガレリエ・クラール」>>

    ツイッター始めました!お店やチェコビーズについてのホットな話題を、いち早くツイートしていきます!どしどしフォローして下さいっ!

    ★レンタルスペース始めました!「ガレリエ・クラール」の空間を1時間単位で借りることができます。詳しくはこちらを!

    ★祝日を除き、土曜日は毎週営業しています。

    0

      チェコ製の竹ビーズについて

      ここのところ、サーバーダウンが起き、宝箱が見られない・注文できない、という状態が幾度か発生しました。見たい時に見られなかった皆様、ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ありませんでした。

       

      さて、チェコで作られる竹ビーズのことを、昔から「ビューグル(BUGLE)」と呼びます。中でも、特に直径が1ミリぐらいの小さいサイズのものを、チェコでは「マコ(MACCO)」と呼び分けています。

      これまで宝箱では、ビューグルの取り扱い点数があまりありませんでしたので、竹ビーズの総称である「ビューグル」としていましたが、まもなくたくさんの極小竹ビーズ、つまりマコの新色が入ってきますので、これを機にチェコの呼び方にあわせ、直径が1ミリ程度の極小ビューグルを、「マコ(MACCO)」と表示することにしました

       

      呼び名は変わりましたが、商品は以前と全く同じものですので、どうぞご安心下さい。

      そして恐らく、連休が明けたころに、マコやビューグルの新色がずらりと登場する予定ですので、どうぞお楽しみに!!

       

      --------------------------------------------------------------------------

      2019年4月25日更新

      ★GW中の営業について 連休中は「ボヘミアの宝箱」・実店舗「ガレリエ・クラール」ともに、4/30(火)、5/1(水)、5/2(木)の3日間、通常営業致します。

      ★これまで「ビューグル」と総称していた竹ビーズの一部、極小サイズの呼び名を、チェコ本国にあわせ、「マコ」と致しました。呼び名が変わるだけで、商品はこれまでと同じです。詳しくはこちらを。

      実店舗「ガレリエ・クラール」5月から土曜は祝日を除き、毎週営業します!

      0

        「ガレリエ・クラール」限定企画のお知らせ

         

        実店舗「ガレリエ・クラール」でだけ実施するイベントのお知らせです。

        今お店に入って頂くと、すぐ「ビーズ詰め放題」というお知らせボードが目に

        入ってきます。これ、クラールでだけ、まったく不定期に、突如やる企画です。

        今回も、いつまでなど明確な期間は定めていませんが、もしご来店の際に
        目にされましたら、どうぞトライしてください。

         

         

         

        実はこの企画、昨年も実施したところ、

        大好評で、「無我夢中で詰めるのが

        楽しかったです〜!」というお声を

        たくさん頂きました。

         

        体が芯から凍るほど寒い日々が、

        ようやく終わりを告げようとして

        います。

         

        新しい季節とともに、気分を一新して

        頂ける「春らしい明るい色のビーズ」、

        たくさんご用意しました!

         

         ボヘミアンパールあり、

         シードビーズあり、

         ぎょっとするようなお得な大玉の

         ビーズありで、

         見て頂くだけでも、皆さまを退屈させ

         ることはないかな?と思います。

         

         春になると、どこか気分がウキウキ

         して、今まで目が行かなかったもの

         に、急に目がとまったりもしますね。

         

         詰め放題で出逢ったビーズたちが、

         皆さまの日常の中で新しい刺激に

         なってくれたら、うれしく思います。

         


        -------------------------------------------------------------------------------

        2018年3月12日更新

        ★ボヘミアのガラス職人が1つずつ手作りするハンドメイドビーズに、ゴージャスなペルシアンカラー3色 が揃いました!ビーズの中に入れた銀の箔が、澄んだボヘミアガラスを通して、品良く輝きます。

        ★シャルロット15/0に、スフィンクスコーティングの艶やかさを味わえる新色が、2色同時に入ってきました!オパックレッドスフィンクスはふんわりと柔らかいニュアンスがいかにも愛らしく、グリーンターコイズスフィンクスは極小シード16/0で既に入手が不可能になっている色です。この色を惜しんでいた皆さま、ほんの少しだけ大きいシャルロット15/0で味わって頂けます。

        ★実店舗「ガレリエ・クラール」、来月の土曜営業日は4/14です。

        0

          シャルロット15/0の新色レッド

          もう何年か前に、シャルロット15/0のブラックだけを試験的に入荷したところ、結構な量だったにも関わらず、あっという間になくなってしまいました。

           

          日本では入手が非常に難しかったため(って今でも難しいですけど)、話題になることすらあまりありませんでしたが、密かに求めていらっしゃる方々の「熱く確かな需要」を感じた私達は、小さな小さなワンカットビーズを愛する皆さまのために、再輸入と扱う色数を増やしていく、ということを決意しました。

           

          昨年末ギリギリに入ってきた新色のレッドは、皆さまご存知のように、既に13/0でも扱いのある色ですが、世界最小の15/0というサイズでは、今後もう製造されることはありません。ですから今在庫のある限り、となるこの貴重な色を、シャルロット(=ワンカット)で入れられたことに、私達もこの上ない喜びを感じています。


          でき得る限りアップにしてみました。

          ワンカット具合、ご覧になれますでしょうか?

           

          もっとじっくりご覧になりたい方、是非「ガレリエ・クラール」へご来店下さい。

          小売りパックを手に取って、じぃーーーっと穴が開くほど見つめて頂いて、お話して頂いて大丈夫ですから(笑)。

           

          今年はシャルロットの15/0、他にも新色が入って来ますよ〜。

          お楽しみに〜Docomo_hartハート!!!

           

          ----------------------------------------------------------------------------

          2018年1月5日更新

          あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

          ★新年早々、シャルロット15/0に新色のデビューです!この色、このサイズでは今ある限りで、もうチェコでは製造されません。貴重なレッドを手に入るうちに入手して、楽しんで下さいね。

           

          2018年新春限定スペシャル福袋 ボヘミアガラスから作られたバリエーション豊かなパーツの組み合わせ。4種類の中身はそれぞれに違いますので、一番ご希望に叶ったものをどうぞ!

           

          ★実店舗「ガレリエ・クラール」ー今月の土曜営業日は、1/20です。平日にお仕事をされている皆さま、この日はBAWJの教室も開催しています。ご自由に見学して頂けますので、ご都合があいましたら、是非ご来店下さい。

           

          ★新しい無料レシピ「ローズペタルのチェーンネックレス」は、作り方はとっても簡単。でもどの色を選ぶかで、できあがりの印象が全然違います。一番あなたらしいのは、どの色でしょうか?

          ★2018年1月のBAWJコースは、「トンボ」か「梅」を作ります。1/15(月)1/20(土)からご都合のよい日でお申し込み下さい。

          1/29(月)開催のBWL(ボヘミアンワイヤーレース)教室の申し込みも始まっています。極小ビーズとワイヤーで、レース編みのような繊細な作品を作ることにご興味のある皆さま、お申し込みをお待ちしています。

          ★実店舗「ガレリエ・クラール」ー2月、3月の土曜営業日は、2/17と3/10です。

          0

            | 1/14PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode