BAWJコース教室リポート <梅編>

「ボヘミアンアートワイヤー(BAWJ)ジュエリーコース」の中で、最も「和」を感じさせるモチーフが、この「梅」です。そしてこれまでに、受講者が最も多いのも、この「梅」です。

極小ビーズとワイヤーがつむぎ出す「日本人のこころ・梅の花」は、どうやって作られるのでしょうか?

 

まず、ワイヤーで梅の花のシェイプ作りをします。

先生がやる手元を見ていると、ものすごーく簡単に見えますが、ワイヤーを優美な曲線に曲げていくには、

やはりコツがあります。

そうしたところは、先生の手元を見ながら、講習会に参加した人でないと得られぬ得点として身につけて頂けます。

backは「難しいわ〜」と言いながら、花びらに着々と極小ビーズを通す生徒さんの手元。
 

ここで先生、

「ぶっちゃけ、このデザインを6時間で完成させるのは難しいんですけど、お花はどうしても2つ入れないと淋しいので。」と、生徒さんの花にビーズを通すのを半分位手伝っています。

参加者全員が必ず、教材を完成させて持ち帰れる理由には、先生のこうした全力のサポートがあることも挙げられます。
 

 

 

「ん?なんだろう、このホイルは、焼き芋??」

いえいえ、ただ今レジンで

硬化中。

残りのレジンが硬化しないように、ホイルで蓋をしているところです(笑)。


 


花の中心にしべを留めつけているところ。

モチーフが一気に華やかになります!!

なんとこの「しべ」も手作り。買ったパーツじゃないんです。

 

使った材料は、

ワイヤーとビーズだけなのに、この完成度。少々時間はかかりますが、この姿を見えてくると、参加者の皆さんの愛着もいっそう増してきます。
 

 

 

back<先生の手元>

先生が生徒さん達の目の前で、1つ1つ、

ゆっくりとレクチャーしています。

「中心にしべを留める方法は・・・」

 

 

 

 

 

 

レクチャーに夢中になっている先生。

先生は講習会の時は基本的に着物姿で、写真でお見せできないのが残念ですが、渾身の未発表の作品であるかんざしなども着けて来られます。

この日は、ピンクのツツジのかんざしでした。まだ写真集にも掲載していない作品で、この日が初公開だったとか!

そうした最新作を目の前で堪能できることも、参加者だけの特権です。
 

「ちっちゃーい!」ー実は、お花とつぼみには、かわいらしいガクがついています。

「え、これも手作りなの!?」と生徒さん達。そうなんです。

これがどうやったら、あのかわいらしいガクに変身するのかは、講習会に参加してのお楽しみです♪。

これをマスターすると、あらゆる植物モチーフに応用が利くそうですよ!


 

そうして、幾重にも手をかけて、

ようやく完成した梅の花。

こちらはこの日参加されたAさんの完成品です。

 

どうぞ、以前のリポートとも、是非読み比べながら、このコースの醍醐味を想像してみて下さいね。

 

あなただけの「梅」の花、「ガレリエ・クラール」の素敵な空間で、ご自身の手でつむいでみませんか?

 

コースのお申し込みは、こちらからお受けしています。

 

0

    スポンサーサイト

    • 2018.08.09 Thursday
    • Category: -
    • スポンサードリンク
    • 17:41
    • -
    0

      コメント
      コメントする








         



      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      links

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR

      recommend