アルフォンス・ミュシャのステンドグラス(2) | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】

アルフォンス・ミュシャのステンドグラス(2)

ミュシャの名画を、一流のボヘミアガラス職人の手で、大型のステンドグラスに。
これを思いついたのは、このステンドグラスの所有者である日本人のH氏。
世界有数の美術品コレクターであり、本物を見抜く鋭い審美眼においては、
彼の右に出る者はなかなかいません。
 
元々チェコの大きなガラス工房で、
修道院や大聖堂のステンドグラスの
修復に携わっていた職人さんに特別
に依頼し、この大画面での制作が
可能になりました。       
         
オリジナルが、比類なき魅力を持つ
ゆえの、制作の苦労は色々ありましたが、とにかく最終的にここまでの完成度で仕上げた職人の腕には、感服以外の何ものもありません。
すごい体力、すごい精神、すごい
技術、ものすごい集中力のなせる
業(わざ)。
 
↑の写真右側の「花に囲まれた女たち」というシリーズの1枚は、なんと
オリジナルはタペストリーで、原画が残っていないものでした。
それを日本から依頼を受けた職人(ウラジミール・スボボダ氏)が、「きっとこんな色だったんだろう」と想像をして、ステンドグラスで再現して下さったものでした。      
最後にもう1つ大切なことを。 
これらのステンドグラスは、
すべて売り物である、ということ
です。                             
これが飾ってある「ガレリエ・
クラール」店内にはパンプレットが
ございますので、いつでもスタッフ
にお申しつけ下さい。
具体的な価格などについては、
別途お問い合わせ下さい。
               
こちらを制作して下さったスボボダ
氏の略歴は、以下の通りです。 
       
高齢により、惜しまれながら現役を引退されましたが、日本からの依頼で、
最後は酸素ボンベを背負いながら、ミュシャのステンドグラスを仕上げて下さい
ました。
よろしかったら是非、このステンドグラスを見に、お店にいらして下さい。
お写真、ご自由に撮って頂けますし、SNSにもご自由に載せて頂けます。 
                   
             
----------------------------------------------------------------------------
2019年11月22日更新
★開発に2年かかった「アーモンド」、満を持してデビュー!!開発秘話はこちらから!
PBドロップFPマリーゴールドに新色が、土星のような形の新しいビーズ・FPサターンが入荷!!
★ロカイル各サイズ、シャルロット、ファルファーレなど、1袋入りの在庫が切れていたものが大量に再入荷しました!  たくさんお使いになる色は、是非お得な250g、または500g入りでご購入下さい。      
                                            
<<実店舗「ガレリエ・クラール」>>
★お店に飾ってあるミュシャのステンドグラス、すべて撮影解禁になりました。
★12/18までの間、店頭でクリスマス抽選券をお配りしています。3枚集めるとハズレなしの抽選会(12/19〜21)にご参加頂けます。
詳しくは、クラールのインスタグラムから! お店の最新情報はフェイスブックツイッターからもご覧頂けます。
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode