差別の構造(5)

  • 2020.05.07 Thursday
  • 13:29

差別の感情は、平和な時には出てきにくい、表面に現れにくい、と言われて

います。

 

でも、いざ異常事態が起こると、人々の心の底にある醜い部分が、あぶり

出されてきます。

コロナのことが騒がれるようになって、まず世界のアジア以外の全ての地域で、

アジア人のルックスをした人が、忌み嫌われるようになりました。

白人も黒人も、アジア人の区別はつきません。ましてやそれが、アジアの国

からの訪問者か、生まれた時からその国に住んでいた人かなんて、更に

わかりません。

 

だからそれまでフランスやカナダやパレスチナなどで、普通に暮らしていた

無実のアジアの人達が、地下鉄の中で急に顔をしかめて席を立たれたり、店への

入店を拒否されたり、「コロナ、コロナ!」と言って通りすがりに髪の毛を

引っ張られるようになりました。

 

「そのうち、あんたの国でもすぐに充満するって。患者は人種に関係なく

広がるよ。そうなったら、どう対応すんの?その時は、誰を忌み嫌うの?」

ーと、ひややか〜な目で、私はそういうことをする人達を見ていました。

そして実際すぐに、そうなりました。欧米では、とっくに日本を越える事態に

なっています。

 

最初に自分の警戒心・恐怖心を、差別に向けていた人達、今何してるんですかね?

自分も感染してしまっているか、それでもまだ「こうなったのは、アジア人の

せいだ!」と恨み続けているのか。

どっちにしても、やがてコロナのことが終わった時、この人達は私達アジア人を

見て、どういう態度をとるんだろう?

 

そしてもう1つ思ったことーもしこの病気が、白人優越意識の頂上国である

フランスやアメリカから始まっていたら、世界はどう反応したのだろう?

ということ。

アフリカやアラブの人は、白人を見て顔をしかめて席を立ったり、やじを

言ったり、髪の毛をひっぱるだろうか?

そして当の私達アジア人は、特に(白人に対して強い精神的コンプレックスを

持っている)日本人は、どういう対応をするのだろう・・・??と。

 

皆さん、ちょっと真剣に考えてみて。

もしこれがフランスで発症した病気だったとして、フランスで蔓延が始まり、

実際に世界に広がり始めた時、白人ならフランス人だろうがロシア人だろうが

イスラエル人だろうが、一切区別のつかない私達日本人は、自分の住む町で

白人を見かけたら、どう反応したでしょうか?彼らにどうふるまったでしょうか?

ものすごくリアルに、想像してみて下さい。

 

(6)へつづく

 

---------------------------------------------------------------------------------

2020年5月7日更新

連休中に頂いたご注文は、本日より順次発送致します。緊急事態宣言の延長により、当店でもスタッフの感染リスクを抑えるために交代制のシフトを導入しております。そのため5月中も、土曜の発送はお休みとなりますので、どうぞご了承下さい。

 

<<「フォルサ!キャンペーン」期間が延長になりました!!>>

期間中(4/22〜5/31正午頃まで)、セール品を除き、全商品が10%OFFとなります。販売量にオプションがある場合、オプション価格に割引率は表示されませんが、すべての皆さまにキャンペーン価格になっておりますのでご安心ください!!

★「おうち時間」を楽しんで頂くために、通すだけの簡単ブレスキットをご用意しました〜!親子で、ご家族で、お気軽にお楽しみ下さい。

★ハンドメイドカボションがデビュー!この魅力を語った店長ビビアナの解説は。順番にご一読頂けたら嬉しいです。

★店長ビビアナの新しい連載が始まりました。連休中、お時間のある時にこちらからどうぞお楽しみ下さい。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM