ボヘミアのビール(1) | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

ボヘミアのビール(1)

さて、お店のドメイン引っ越しでバタバタし、しばらく新ネタを書く暇がありませんでした。
今夜は、アクセサリーをちょっと離れて、ボヘミアの「命の水」についてお話ししましょう。

皆さん、「国民1人あたりの年間ビール消費量が、世界で一番多い国」って、
どこだと思われますか?
ドイツ!−そう、私もそう思ってました、統計を見るまでは・・・。
実は、ぶっちぎりの1位は「チェコ共和国」なのです。

グラフを見るとおもしろいんですが、1位だけがびよーーーーんと突出してます。
2位はドイツなんですけど、なにせ1位と2位がもんのすごく離れてる。
これはどうしたことか!?と思うくらいに。
そして2位以下は、大した差もなく、どんぐりの背比べ程度に下降していきます。

日本では、「ビール」っていうとドイツやベルギーのイメージがありませんか?
チェコのビールや、チェコ人がこんなにたくさんのビールを飲んでいること、誰も
知りませんよね?そこで今夜は、私が解説しましょう。
ボヘミアの「ビーズ」と「ビール」を語らせたら、私より詳しい人は、日本に
なかなかいません。(←変な自慢)

まずはビールの原材料ホップについて。
世界で最も良い品質のホップがとれるのは、現在のドイツ・ミュンヘンからチェコ共和国を楕円でくくった辺り。
日本でも、大手ビール会社がチェコのホップを輸入し、ビールを製造しています。
ビールには、「ピルスナー」「バドワイザー」など、世界的に知られた名前がありますが、これがチェコに実在する「ピルゼン」「ブドワイズ」という街の名前を英語読みしたものだ、ということを知る日本人はあまりいません。
日本で作られる大手ビールは、全て「ピルスナー製法」という作り方。
ビールを飲む細長くて、短い足のついたグラスは、一般に「ピルスナーグラス」と呼びますね。

「バドワイザー」は、恐らくチェコかその周辺から移民した人がアメリカで作り始めたビールに、英語読みしたその名をつけたのでしょうが、これが結果として大変失礼なことになってしまった。ビールが好きな人ならおわかりになると思いますが、アメリカのバドワイザーは、お世辞にもウマいとは言えません。
本家本元のチェコの「ブドワイズ」が、濃厚で重圧、飲みごたえのある、通に好まれる味のビールであるだけに、大変な誤解を世界中に作ってしまった。
自国のビールの旨さを、戦後の社会主義時代に、西側諸国に宣伝してこなかったチェコにも責任はありますが、とにかくボヘミアのビールは、日本であまり知られていないだけで、実は味も消費量も、グンバツの優れものなのです。

消費量が、なぜぶっちぎり世界一なのか。
これは単純に、チェコ国内で価格が安かったから、が第1にあげられる理由でしょう。
経済恐慌のここ2年あまりはおいといて、ひと昔まで、ビール1杯(500ml)ビール
50円くらいでした。
チェコでは、ミネラルウォーターより安い飲み物だったのです。
おまけにチェコの人は、ビールなんかでは酔いません。
ビールはアルコールではなく、生活の中に欠かせない空気のようなものですから、
喉が渇けば午前でも昼でも、普通に飲みます。
最近はどうだか知りませんが、旧体制の時は、別に仕事中にビールを飲んでも、
私達がオフィスでコーヒーを飲むのと同じ感覚で、誰もどがめないし、罰せられない。
とにかく普通のことなんです。
私も出張でチェコの本社に行った時には、必ずランチタイムに、本社の偉い人や同僚と、
普通にビールを飲んでました。お酒に強い私も、ビールではなかなか酔いませんから、「いや、こりやウマいなぁ。日本でより堂々と飲めて、『酒飲みの主権』が守られているではないか。この点だけとってみれば、なんてよい国なんだ・・・」
と心中思いながら、そのお求め安さ(=価格)にも感動していたものです。

ガラス職人のおじさま達には、すばらしい特権がありました。
年中1000度以上の釜の前でガラスを吹いている職人達は、定期的に水分補給をしないと脱水症状を起こしてしまいます。なのでいつも「何か」を飲みながら、働かねばなりません。
その「何か」は、もちろんビールでした。
彼らの水分摂取量は、さすがに他の職業の人より多いので、アルコール度数が特別に下げてある「職人用ビール」なるものが存在します。それをちびりちびり、夏になればぐびぐび飲みながら、美しいボヘミアガラスを創り出すわけです。
昔、工場でおじさん達に、そのビールを飲ませてもらいましたが、なかなかいける味でした。
お酒に弱い日本人なら、あれでも1本飲めば十分に酔いますわ。

そんなわけで、ボヘミアにおいて、ビールはまちがいなく「命の水」です。
話にはながーいつづきがありますので、今夜はここまでとしましょう。
次回を、お楽しみに。

ビール全編読みたい方は、こちらからどうぞdown
ボヘミアのビール(2) 2009.02.05
ボヘミアのビール(3) 2009.02.14
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode