ボヘミアのビール(2) | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

ボヘミアのビール(2)

前回にひき続き、ボヘミアの人にとっての「命の水」(=ビールビール)に
ついてお話ししましょう。

チェコでは、大抵どの町にも「昔から作っている地元の味」のビールが
あります。
歴史が何百年も遡れるもの、有名なもの・無名なもの、色も匂いも、
名前もさまざまですが、どれを飲んでも、誠に美味でございます。

日本のビールと比べて、最も違うのは匂いです。
ゴクっと飲んだ時、ちょうど喉仏の辺りを通る時に、香り豊かなビールの
場合、ほわ〜んと鼻の奥に何かが立ちこめます。言葉で表現するのは
難しいですが、日本のビールには絶対ない「不思議な香り」が、つーんと
鼻の方へくるのです。
初めて飲んだ時、「なんだこりゃ!?」と思いました。しばらく続けて
飲むと、それがくせになり、今度はその香りがないと淋しく感じてしまい
ます。そうなれば、立派なボヘミアンビール愛好家。

日本には「ピルゼン」も「ブドワイズ」も、瓶詰めや缶のものが多少輸入
されていて、たまーに珍しもの好きな酒屋さんに置いてあったりしますが、
それらには保存料が入っていて、どうしても現地で飲む「生ビール」の味
には劣ってしまいます。
というか、比べられません。それくらい、おいしいビールは生で、現地で
飲まなきゃ意味がないんです。

もひとつ、おもろい話をしましょう。
昔出張でチェコへ行った時、本社の同僚にこう頼みました。
「外国人相手のかっこつけたレストランじゃなく、現地のおっさんしか
行かないような、チェコの本当の『居酒屋』に行ってみたいんだけど」と。
本社の同僚(男性2人)は、一瞬ぎょっとした顔をしました。
で、しばらく2人でぼそぼそと話し、「あのさ、マジで驚かない?お世辞
にもきれいやオシャレじゃないし、君みたいな若い女の子(←その時は20
代)、ましてやアジア系の顔をした子は絶対にいないから、ジロジロ見ら
れたりするよ。君が飲めるのは知ってるけど、ほんっとに行きたいの?」
って。
ああ、ごちゃごちゃうるさいなー。あたしゃ、こまけーことは気にしない
んだよ。ウマい酒が飲めりゃいいじゃないか、っていう娘の皮をかぶった
おやじなんだから、とっとと連れてってくれよ!!ってなわけで実現。

この日、仕事が終わるのが待ちどおしかったねー。(大事な客を連れて
ものすごくまじめな商談の通訳をしておったんですがね。)
さて、仕事後、いざ居酒屋へ!
わー、きったねー。ほんっとにおっさんしかおらーん。みんながこっちを
見るよー。気にしたこっちゃねぇ。早速ビールを注文。ウマいっ!!
夏だったもんだから、いくらでも飲める。
チェコの居酒屋のとっても素敵なシステムラブ。普通日本なら、ビール
のおかわりをする時、「すいませーん、ジョッキもう1つぅ!」と店員さん
に頼みますよね?チェコではね、ビールは500mlのジョッキが最小サイズだ
けれども、それがなくなってくると、ミニスカートはいたねーちゃんが、
自動的に満タンの次とグラスと取り替えてくれるの。
で、ボロボロのわら半紙みたいな紙に、鉛筆で何杯飲んだか線を引っ張って
いく。帰る時に、その線の数をかぞえて、お金を払って帰るというわけ。

だから、何も言わなきゃ、延々と自動的におかわりがくる。
まあ、なんとワンダフルなシステムなのでしょう!
いらなくなったら、「もういいよ」って言えばいいんですが、チェコ人は
なかなか言いません。私もそんな雰囲気につられて、どんどん飲んじゃい
ました。気がついたら7杯、えっ、それは3.5リットル飲んだってこと!?

で、もっとおもろいのが、だーれも「つまみ」を食べてないってことです。
地元の居酒屋に来るおっさん方は、皆うちで軽い夕食を取ってから来ます。
飲み屋に来たら、基本的に「酒しか飲まない。」それも欧州人は、あんまり
ちゃんぽんとかもしませんから、今日はワインと決めたらワイン、ビールで
始まれば、最後までビール、と1種類のお酒を、つまみなしで、延々と
飲むのです。
ボヘミアの場合は、99.9%居酒屋でビールを飲んでます。

これと比較すると、日本人の飲み方はとっても健康的ですよ。
冷奴に枝豆にと、体にいいものばかりつまんで、飲酒してますから。
平均寿命が長い筈だよなぁ、と私はボヘミアの地で、妙に納得。
同時に、もし自分がここに住んでいたら、間違いなく中年でドラム缶サイズ
の体格になり、還暦を迎えずして肝硬変で死亡かな・・・?と思ったりして。(苦笑)

確かに、チェコ人の平均寿命は、あんまり長くなかった気がします。
でも彼らに、「ビールを飲まないで長生きしたいか?」と聞いたところで、
愚問です。一笑にふされて終わりでしょう。
「命の水」なんですもの。ビールと共に人生をおくる国なのです。
それがボヘミア。

お話は、まだつづきますよ〜。
今夜はこのへんで。さよなら、さよなら、ナスフレダノゥ(=チェコ語で
さよなら。)

ビール全編読みたい方は、こちらからどうぞdown
ボヘミアのビール(1) 2009.02.01
ボヘミアのビール(3) 2009.02.14
0

    コメント
    ぬわに?アメテュストスって、「お酒に酔わない」って意味なのかい?
    私は物心ついた頃から、紫色が好きでした。憧れるというか、とにかく惹かれる色だったのだが、まさかそんな意味があったとわ・・!!(驚き、というより納得!?)

    ボヘミアガラスの紫色、澄んでいて、とっても深いよい色じゃ。
    昨年の秋、こちらでは紫がはやっていたこともありますが、パープル系のビーズを使ったアクセサリー、よく動きましたじゃ。

    産後の懸命なリハビリ(?)で、酒量が戻りつつある今日この頃。今度は紫のドームビーズをして、飲み屋にでかけることとしよう。
    実験結果は、またここで報告することとしよう。(にひ)
    • 店長ビビアナ
    • 2009/02/09 9:18 AM
    店長あぶないね、そんなとこ住んだら血液中95%がビールになっちゃうね。
    一緒に住んでたころ、休みの日に真昼間っから「ぷしゅっ♪」って何飲んどんねん!って感じだったもんね。


    >2月の誕生石〜〜アメジスト〜〜
    >紫色の美しい輝きを持つアメジストはギリシャの言葉「アメテュストス(お酒に酔わない)」が語源で、悪酔いを防ぐお守りとされてきました。また、身を護る守護石とされています。日本では紫水晶とも呼ばれます。

    チェコの工房の皆様に紫水晶にあやかった紫のビーズアクセサリーを作ってもらったらさぞ悪酔いに効きそうな・・・(笑)?
    • ITスタッフ
    • 2009/02/07 9:44 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode