ボヘミアの夏休み | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

ボヘミアの夏休み

焼けつくような暑さの中、週に2度「ガレリエ・クラール」に行くのもなかなか悪くない、と思っている店長ビビアナです。さて、ヨーロッパではバケーションの季節です。今日は「ボヘミアの夏休み」について語りましょう。

年中まじめに働く日本人と違って、欧州人は休みを大切にします。日本人のような働き方ならば、ヨーロッパ人は誰も働かない、と言っても過言ではないでしょう。欧州では働くどんな人も、年間5〜6週間の有給休暇があり、それをフルに使うのが当たり前です。しかも国によっては「与えられた有給のうち、少なくとも2週間は連続で取らねばならない」という、ありがたい法律があります。いいな〜、うらやましいなぁ〜、ここまで聞いて「日本人やめたい」と思った人、結構いるんぢゃ・・・(笑)。

夏のバケーションは、みんな大抵7月後半から8月末の間に、1〜2週間取ります。どんな用件があろうと、大事なプロジェクトがどんな段階だろうと、この休みの間は、家族でゆったりとすごします。そういうものなんです。それをはしょるようじゃ人間じゃないーこれが欧州での常識です。勿論チェコでも、そうです。
チェコが共産国だった頃、一般民衆が夏休みに最もよくでかけたのは、旧ユーゴスラビア(えーと今でいうと、クロアチアかな!?)のアドリア海に面した海岸でした。一般の人達の、西側への出国が厳しく制限されていた時代なので、それ以外に選択肢がなかったとはいえ、クロアチアの海岸は(現在でも)とても美しい。「海面が胸にくる深さまで入っても、自分の足の指がはっきりと見える程きれいなんだ」と、全てのチェコの友人から、よく聞かされました。あんまり聞いたので、すっかり自分も行った気になっています楽しい

国の体制が変わって、自由に西側に出られるようになってからの夏休みに、チェコ人が最初に押しかけたのは、イタリアでした。チェコの皆さんが大変よくお買い物をしたようで、べネチアでは片言のチェコ語を駆使して、みやげ物や革製品を売る商売熱心なイタリア人がいたほどです。その次にスペインブームが起き、ここ何年かはギリシャに行くのが、一般的ですかね〜。
なんてったって冬にはマイナス20〜30℃になる寒〜い国ですから、人々は短い夏の間くらい、燦々と輝く太陽を求めて、熱心に移動するわけです。(それはドイツも、ポーランドも、皆そうなんですけどね。)

さて、私自身のボヘミアでの夏休みの体験を、お話ししましょうか。
あれは、確か私がチェコの会社に入社して数年後の、まだ20代だった頃。その時、特につきあっている恋人もいなかった私は、自分の夏休みを、チェコの合気道の友人宅を転々とすることで過ごしたことがあります。夏ったって、その頃のチェコじゃあ(今ほど異常な暑さにはならなかったのです、昔は)、せいぜい25℃位で湿気もなく、日本人には「ただ快適なだけの6月か?」みたいな気候でしたね。
稽古のある日は、プラハの道場で汗を流し、ある日「泳ぎに行こうぜ!」ということになりました。チェコに海岸はありませんから、プラハの人は小さな湖や池のほとりに行って、日光浴をしたり、軽く泳いだりします。そういった場所が、日本の公園のようにきれいに手入れしてある筈もなく、殆どは人の身長ほど草がぼーぼーに生えた、原生林のような所です。かきわけてモサモサ歩いていくと、池があり、所々で皆が勝手に服を脱いで、日光浴してます。

事前に、友人から聞かされていました。「まず君は、そんな場所に現れる唯一の東洋人だろうから、必ずジロジロ見られる。それはいやらしい目つきでじゃなく、君が珍しい存在だからだ。特に恥ずかしがる必要はない。あと逆に、すべてをさらけ出してる人がたまにいるから、ショックを受けないように。こっちじゃふつーのことだからね」と。 「うん、わかった」と答えたものの、いざ池のほとりに行ったら、思ってたよりホントにジロジロ見られた。ほぼ全員が、私の一挙手一投足を凝視する。
「わー、やめれー!!」ーそう思った私は、草むらをかき分け、人の少ない所へ行ってこっそり泳ごうと思った。ずんずん歩くと、いきなり私の背の高さほどあった草むらが消えた。消えたと同時に、ものすごい物が現れた。
茶色くて、小山のような物体。なんだか表面は全体的に、うすく毛のようなもので覆われている。視力が極度に悪い私には、それがなんだか、すぐにはわからず。少し近づいて、髪の毛が全部吹っ飛ぶくらい驚いた。

なんとそれは、こんがりやけた、素っ裸のボヘミアのおっさんであった。

視力が悪いおかげで細部は見えなかったが、明らかに洋服らしいものは身にまとっておらず、仰向けで(小山だと思ったのはその人のビール腹で、体全体にセーターのような体毛があったらしい)、大また開きで寝ていた。

ドリフのコントで、志村ケンがおばけを見て、あわてて長さんの所へ戻るがごとく、「わわわわ〜」と力のない声を発して友人の元へ帰る私。「だから言ったろ?」と仲間には爆笑されたが、私的には一生忘れられないショックの原風景となった。(あぁ、今でも鮮やかに覚えています。視力が悪いなりに、ピンボケたあの映像を・・・。)
懐かしいような、2度と遭遇したくないような、まるでボヘミアのビールのような、あたくちの「ほろ苦い思ひ出」であります。

downちょうどこんな季節の「ボヘミアのおっさん」を、もっとよく知りたい人(−そんなんおるんか!?)は、こちらをどうぞハート
ボヘミアのおっさん 2009.07.03
downこの時、池のほとりへ私を連れて行ってくれたチェコの友人との再会はこちらから。
チェコの旧友に会う 2009.05.16
downボヘミアの休暇、冬バージョンを知りたい方は、こちらからどうぞ。
ボヘミアのクリスマス 2008.12.24
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode