輸入小麦粉と遺伝子組み換え食品の危険 | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】

輸入小麦粉と遺伝子組み換え食品の危険

  • 2014.11.13 Thursday
  • Category: -
先日書いた、
赤りんご生活の中の危険(1) 2014.10.27
赤りんご生活の中の危険(2) 2014.10.28
という記事に、結構なアクセス数と反響があって、驚いてしまいました。
同時にこうした「自分と家族の体や健康を守る知恵」が、もっと多くの人に知られるといいなぁと感じました。

あの後、さらにネットでこういう記事を見つけました。
【アトピー】小麦粉、危険!選ぶは国産小麦! 2011年06月27日
私のようにアトピーになった人たちが、苦しんで苦しんで、たどり着く結論は、皆一緒なんだな、と気づいた次第です。

さて、遺伝子組み換えのとうもろこしや大豆、小麦粉は、日本で流通するどんな食べ物に、たくさん入っているんでしょうか?
スーパーで売っているものの中で言うと、一番安い豆腐、一番安い納豆、一番安い食パン・菓子パン、そしてスナック菓子の原料には、ほぼ100%これが使われています。お菓子の原材料のところに「コーン」とある場合、まず間違いなく輸入もののGMOとうもろこしなんだそうです。
そのほか、私達が幼い頃から慣れ親しんできたたくさんのお菓子にも、マーガリン・ショートニングはたっぷり入っています。

いきなり私たちの生活から、すべてを排除することはできません。それこそ、食べるものがなくなってしまいます。だから、ベストではないとわかっていても食べたい時、食べる時には、全部の食材に「ありがとうね」と感謝して、口に入れることが大事ですね。
「感謝の心」から、すべては「愛の気」を得て、よりよい形でぐるぐる回ります。
そのことを心がけることが、日常生活では、結局一番大事かと。

こうした情報を得て、「ただ不安になること」が一番よくありません。不安からは癌細胞も生まれるし、近頃よく言われる「ひきよせの法則」により、新たな不安要因をひっぱってきてしまいます。
選べる時には、よりより食べ物を。選べない時にも気持ちを腐らせず、ハッピーに感謝して。これにつきますね。
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode