「ボヘミアの宝箱」お教室リポート(2) | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

「ボヘミアの宝箱」お教室リポート(2)

ただ今、次回(12/16・火)のお教室の生徒さんを大募集中ですが、その判断材料にして頂くために、10/21(火)行われた「中級・上級クラス」のお教室の様子を、リポートいたします。講師は、松本麻紀子先生です。
教材は、backの2種類でした。
中級が「パールボールのブレスレット」
上級が「水の精霊」−こちらは刺繍で作るブローチです。

今回の参加者は6人。皆さんから撮影の快諾を頂き、まずは全体の雰囲気をお伝えしましょう。
教室が終わった後、生徒さんにも先生にも「今日はどんな感じでした?」とお尋ねすると「笑いの絶えない雰囲気!」とどちらからも同じ答えが返ってきました。

松本先生曰く、「今日の課題(上級の刺繍の方)は時間のかかるものでしたが、皆さん、うちで仕上げられるところまでいきました。
これはキットで販売しているわけですから、レシピを見れば、勿論作ることはできるのですが、『きれいに仕上げるコツ』については、手ほどきをうけてこそ!という部分があります。お教室だからこそ、細かい理屈についてもお教えすることができます。」とのことでした。

up許可を頂き、お1人の方の手元をアップで撮らせて頂きました。
このブローチは、まず各パーツを編むところから始まります。いきなり材料を裏地に縫いつけていくではありません。ですから、本当にレシピ通りに進めていかないと作れません。
刺繍ものは、縫う人の手のちがいで、できあがりの表情は1つ1つちがってきます。そこがまたよいのですが。

今回は材料にビーズだけでなく、キラキラ輝くボヘミアガラスのラインストーンチェーンも使用しています。参加した生徒さんのお1人に伺ったところによりますと、「このチェーンが取れないように、そしてしなやかにとめるやり方が、先生の手ほどきを受けて初めてわかりました!」とのことでした。
充実した時間になり、本当によかったです。またどうぞ、ご参加下さいね。

おてんきうれしいおしらせおてんき
今年は隔月で開催してきた「ボヘミアの宝箱・ビーズ教室」−来年からは、新しい講師を2名迎え、毎月の開催となりまーす!どんな先生で、どんな内容かということは、近日中に発表いたします。お楽しみにラブ
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode