来年1月のお教室のご案内 | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】

来年1月のお教室のご案内

「ボヘミアの宝箱」では、2015年にビーズタティングの、せいのまりこ先生のお教室を、1月・5月・9月と、3回開催の予定です。

巷では、スワロフスキーのパーツを素敵に使った多くの作品で、知られているせいの先生ですが、チェコビーズを素材にしても、とても繊細な「せいのワールド」を表現して下さいます。
思い返すと、せいの先生との出逢いは6年ほど前でしたか。当時私が書いた、せいの先生の初めての紹介文を、引用してみます。

「せいのさんは、握ったら壊れてしまうほどの繊細さの中に、彼女の最も彼女らしい『核の部分』が、ちらほら見え隠れしています。いつも何事にもまっすぐ向き合いながら、時には傷つくことがあっても、しっかり前進するタイプ。
ちょうどお教室をやってらっしゃるところへ私は遭遇したのですが、あんなに丁寧に教えてもらえるなら、生徒さん一人一人は幸せですね。
作風にも、繊細な人柄にも惹かれて、人が集まってくるのですね。」

このあとしばらくの間、あまり頻繁には会わぬ時期が続きました。でも私は折々に、さまざまな場で発表されるせいの先生の作品を、しっかりと見ていました。

せいの先生の手がつむぎ出すものは、ある時(3年ほど前かな?)から少し変わりました。もやもやした迷いが消え、ヴェールの奥から輝きだす光の強さが、きぃーんと強くなりました。なにか、精神的につき抜けたのかな?と思いました。
せいの先生がデザインする作品には、「よく晴れた冬の朝の、澄んだ空気を通して届くやわらかな太陽光」のような、クールビューティーさが宿ります。これこそが、せいのまりこの放つ、ベルベットのような愛の光線です。

こんなせいの先生が、どうやってビーズやタティングレースと出逢ったのか、また是非、深く聞いてみたいところです。(インタビューをしましたら、必ずここでまた発表致しますハート。)


1/27(火)のお教室では、そのビーズタティングが初めての方でも、講習時間内に仕上げられる初級レベルの作品が、教材になっています。
「アイスレーゲン」−冬の氷雨をイメージしています。せいの先生の丁寧なご指導を受けながら、ヨーロッパのお姫様気分が味わえるガレリエ・クラールで、楽しいひとときをすごしてみませんか?
皆さまのお申し込みをお待ちしています。

---------------------------------------------------------------------------------
2014年12月05日更新
<お教室のご案内>
現在募集中の12月16日(火)の中級・上級クラスに加え、2015年1月27日(火)の初級クラスの募集も始まりました〜!
かねてからブログでお知らせしていました通り、来年は「ボヘミアの宝箱」主催のビーズ教室に、新しい講師を2人お迎えし、更に充実した内容で、毎月開催していく予定です。

1月は、せいのまりこ先生による「タティングレースの初級クラス」を開催します。まったく初めての方でも気軽に挑戦できる内容になっています。皆さまのご参加を、お待ちしています!!会員の方は、ログイン後にお申し込み頂きますと、講習費・教材ともに会員価格となります。

クリスマスアイテムも、会員の皆さまには、かなりお得な特別価格でお買い求め頂けます。この機会に是非会員登録をどうぞ。そしてお買い物の際には、ログインすることを忘れずに!
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode