高度なコード刺繍が楽しめるキット「ライラックの調べ」 | ボヘミアの宝箱 お店スタッフの声

高度なコード刺繍が楽しめるキット「ライラックの調べ」

ここのところ、巷で「コード刺繍」がひそやかなるブームになっています。
ですが日本ではまだ、高度な技術まできちんと教えられる人、そして本格的に取り組めるレベルのキットが、あまりないのが現状です。

backそんな中で、あらゆる動きを先駆けて発売された、コード刺繍・応用編としての「ライラックの調べ」ーやりがいがあるのは、松本先生のいつもの「体育会系キット」と同じですが(笑)、これにはまるで死海文書か、はたまた古代の遺跡から発掘された遺物の暗号のように、「隠された魅力」が秘められています。

まず技術的な点。こちらでは「ビーズを巻き込む」というテクニックと、「コードとコードの間にビーズを挟んで留めつける」という2つのテクニックが組み合わさっています。

そしてそして、ペンダントヘッドの中央あたりに、ちらりと金地に不思議な文字みたいなものが見えるのが、おわかりになられますでしょうか?
実はこれ、パリで入手したヴィンテージのスパンコールなんですぞ!本当はもっと大きなサイズなんですが、半分以上がコードとビーズで隠れてしまっています。もったいない〜!!でもこれぞ、作った人にだけわかる「おもしろみ」ってやつですね。

ご自分で挑戦される方は、こちらからご購入頂けます。
「これはやはり手ほどきを受けて」という方は、次回の松本先生の4月教室で習うことができます。


------------------------------------------------------------------------
<3月のお知らせ>
これまで、殆どの商品を宝箱オリジナル缶に入れて発送しておりましたが、今後梱包の簡素化をはかるために、順次廃止していきます。一部、安全な輸送のために、どうしても缶で守らねばならないもののみ、使用を継続します。あわせて商品ごとに、販売単位の改定も行います。
さまざまな面で「工事中」が多くなる3月ですが、どうぞご了承下さい。

ツインビーズに、また1つ個性的なコーティング色が加わりました!!「ホワイトバレンチニット」ー新しもの好きな皆さん、どうぞお試しあれ〜!!!>

新しいキット「ライラックの調べ」が発売になっています。コードとビーズの美しい配色、そして凝った技法ー「これぞ、宝箱が世の皆さまにお贈りできる最高峰のプレゼント」と自負しています。

3月の芝裕子先生による初級クラスでは、「ビーズクロッシェ」が学べます。キットは同じデザインで、初級・中級の2パターンを発売予定です。どうぞお楽しみに〜☆
→芝先生の人となりを紹介するインタビューは、こちらから読めまーす!
0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode